恋愛はメンタルの闘い

恋愛はメンタルの闘い!自分のメンタルブロックを外せ

2023年1月7日 投稿者: トライフィール

恋愛の勝負所で試されるメンタル

勝負どころのメンタル

恋愛とは、あなた自身のメンタルとの闘い。
いかに強いメンタルを持てるかが、恋愛の勝負所で試されます。

彼女をうまくデートに誘い、会話もかなり盛り上がった。
首尾よくここまで来たら、いよいよ恋愛の勝負所に入ります。

しかし女性が明確な言葉で、相手を「恋愛ゾーン」に誘うことはほとんどありません。
女性の本能には、自分に責任が及ぶ言動を避ける傾向があります。
そのため、遠回しな表現で「脈ありサイン」は送りますが、自分から積極的に誘うことは期待できません。

むしろ、自分が明確に誘えないからこそ、自分のことを「恋愛ゾーン」に誘ってくれる男性を高く評価します。
そのため彼女と恋愛関係になるためには、男性の方から「誘う」行動が必要です。

しかし、女性を「誘う」行動は、メンタルが弱い男性にはとてもハードルが高いですよね。
私も以前は「今が誘うチャンス!」と思っていても、あと一言がどうしても言えませんでした。

この誘うべきチャンスにきちんと誘えない男性は、女性から「格下」認定されてしまいます。
せっかくそこまで彼女からポイントを稼いでいても、しっかりと恋愛関係に誘えない時点で「一発アウト」をくらってしまうでしょう。

それでは、なぜ当時非モテだった私は、「誘いの一言」を言えなかったのか?
その理由は、自分自身が持っている「メンタルブロック」のせいです。

[PR]

無料の出会いは(マリッシュ) いいねから始まる恋婚/R18

あなたの「一言」を阻むメンタルブロック

メンタルブロックに阻まれる

メンタルブロックとは、何か行動を起こそうとするときに「できるわけがない」「失敗する」といった否定的な思い込みで行動が抑制されてしまう状態。
つまり、恋愛においては「自分にはそんな気の利いたセリフは言えない」「どうせ誘っても失敗するだけ」と考えて、行動を妨げる心理状態を指します。

どうして恋愛の重要な勝負所で、重要な一言を妨げてしまうのか?
その最も大きな理由は、「自分が傷つきたくない」と考えているからです。

人の心は、自分が傷つくことをとても恐れています。
時には自分の心を守るために、自分の身体や生活を崩壊させてしまうこともあります。

周りから見たら「絶対、両想いでしょう」と見えるのに、大切な一言が言えない。
目の前に好きな人が現れても、「自分には無理」と思って避けてしまう。
「自分がうまくいくはずがない」と否定的に考えて、結局手を出せない。

これらは全て、自分の心を守ろうとする「防衛本能」に従ってしまった結果です。
誰もが当たり前に持っている「メンタルブロック」。
しかしその正体に気づいていないと、あなたは恋愛だけでなく仕事などあらゆる場面で大きなチャンスをみすみす逃してしまうかもしれません

恋愛はメンタルとの闘い

勇気を出して告白

恋愛とはあらゆる面で、自分のメンタルとの闘いです。
メンタルの闘いとはいかに自分のためではなく、「相手のため」を考えて行動できるか

例えば、見た目を良くすることも、最終的には「相手のため」の行動です。
自分と一緒にいる男性が、素敵な見た目をしている。
そうすると、女性も自分自身の評価が上がっているように感じます。

男性も素敵な女性と一緒にいれば、自分の評価が上がったような感覚がありますよね。
つまり、見た目とは最終的には相手を喜ばせるための行動です。

あなたが女性に「誘いの一言」を言えないのは、あなたの心が自分を守ろうとしているから。
そもそも女性はあなたとデートや食事に行っている時点で、あなたにネガティブな感情は抱いていません。
そんな男性から「誘いの一言」を言われたら、女性としてうれしいのは当然でしょう。

もしあなたに恋愛感情を抱いてなかったとしても、男性から「女性として扱われる」ことはうれしいのが当たり前です。
たとえあなたの誘いにのれなくても、女性としての自尊心は満たされます。

だからこそ、私たちは恋愛というメンタル勝負に勝たなくてはならないのです
この勝負に勝てるかどうかが、モテと非モテを大きく分けてしまいます。

メンタルブロックの外し方

メンタルブロックを外す

恋愛の前に立ちはだかるメンタルブロック。
このメンタルブロックを外すためには、自分の理性で本能に立ち向かう必要があります

しかし、本能(無意識)の情報処理能力は、理性(意識)の約30万倍
思いつきで挑んで、簡単に勝てる相手ではありません。

そこで、この記事ではメンタルブロックの外し方を、一例として紹介します。
あくまで一例ですので、重いメンタルブロックを持っている場合には、専門家のカウンセリングを受けるなどを検討してください。

①メンタルブロックを自覚する

まず最初にするべきことは、自分にメンタルブロックがあることを自覚することです。
失敗を恐れてしまう気持ちは、誰にだってあります。
その感情を自分なりに正当化したり、極端に拒否したりすると次の一歩を踏み出せなくなります。

もし自分が大切な場面で「誘いの一言」が言えなかったら、「ああ、メンタルブロックが働いてしまった」と考えましょう。
メンタルブロックが働いたこと自体を、特に肯定や否定する必要はありません。
ただ自分はこのような場面で、メンタルブロックが働くクセがあることを自覚しましょう。

自分の弱点を克服するには、その弱点を知ることが大切。
見方を変えれば、自分の弱点を理解できれば、後はその弱点を直していけば良いのです。

②客観的にリスクを理解する

メンタルブロックが働くのは、自分の心が傷つくことを恐れているから。
そこで、自分の心が恐れているリスクを、客観的に分析してみましょう。

「誘いの一言」で自分が恐れている理由は明確です。
それは「断られたらどうしよう?」と思っているから。
もし100%断られないと分かっていたら、ほとんどの男性は女性を誘えますよね。

それでは、もし断られたら、どのようなリスクが発生するか考えてみましょう。

「彼女との友達関係が壊れる」

女性にとって恋人と友達は、本能的に全く別の存在です。
あなたが他の男性に彼女をとられて、それを見ているだけの立場でいても良いのですか?

「もう少し時間をかけて関係を深めよう」

女性の恋愛本能は、ゆっくりと男性を選ぶ時間の余裕を持っていません。
極端な話、30分もあれば相手の男性を「恋愛対象」と判断します。
むしろ時間をかけるほど、恋愛の成功率は下がっていきます。
勝負所を逃してしまうと、「一発アウト」をくらうかもしれませんよ。

「失敗したらカッコ悪い」

誘いの一言で失敗することは、決してカッコ悪くありません。
ほとんどのケースで、カッコ悪いと考えているのは自分だけです。
むしろ結果がダメでも重要なタイミングでその一言が言える男性は、女性の評価が上がります。
注意すべきなのは「しつこく誘うこと」。
女性が嫌がっているのに誘うのは、確かにあなたの評価は下がるでしょう。
とりあえず、1回誘ってから、後のことは考えましょう。

「社会的なリスクがある」

同じ職場など失敗すると社会的リスクがある場合は、確かに判断が難しいところです。
特に上司と部下など「セクハラ」の関係にとらえられる危険性がある場合は、非常にデリケートな問題になるでしょう。
ただし、この問題はデートや食事に誘う時点で考えるべきことです。
勝負所まで来た時点で、考えるべきことではないでしょう。

このように考えると、勝負所での「誘いの一言」には社会的リスクがある場合を除けば、客観的なリスクはそれほどありません
むしろ誘わない方が、恋愛に失敗するリスクが高まりますよ。

③行動を繰り返す

「誘いの一言」にそれほどリスクがないことを理解したら、あとは練習あるのみです。
メンタルブロックを外すのに、最強の方法は「慣れること」
日頃から「誘いの一言」を口にしていれば、勝負所でメンタルブロックは働きません。

モテる男性が圧倒的にモテる理由。
それは「誘いの一言」に慣れていることです。

慣れているからこそ、何の躊躇もなく女性を「恋愛ゾーン」に誘える。
自然に女性を誘えるからこそ、余裕や自信を感じられて男性としての評価が高まる。
だからこそ、ますますモテる男性になるのです。

慣れるための第一歩は、日頃から女性を褒めること。
たとえ最初はぎこちなくても、女性を心地よくすることに慣れていきましょう。
そうすれば次第に、誘い言葉を言えるメンタルが鍛えられていきます。

恋愛に強いメンタルを手に入れろ!

恋愛に強いメンタル

恋愛は強いメンタルを持つほど、あなたの評価が高まりモテスパイラルに入ります。
まずは「相手が喜ぶ行動」を優先するマインド。
そして、リスクを恐れない自信の行動。

これらは、女性の恋愛本能が喜ぶ要素となっています。
極端に言えば、このメンタルさえ持っていれば高確率で恋愛強者になれます。

みなさんも自分のメンタルブロックを外して、女性を喜ばせる素敵な男性になっていきましょう。

【アメイジングパートナーズ】TOPページへ

Twitter【トライフィール@心理学診断開発者】へ

投稿者プロフィール

トライフィール
トライフィール
パートナーと一緒に生きていくための、様々なヒントを紹介していきます。
男と女のすれ違いは、お互いの違いや特徴を理解できていないことが大きな原因。一緒に理解していければ、きっと心は近づいていきます。
そんな素敵な関係を、心理学や実体験から紹介していきます。