女性を褒めるのが苦手な男性へ!

女性を褒めるのが苦手な男性へ!褒めを習得する4つのステップ

2023年5月13日 投稿者: トライフィール

女性を褒めることから恋愛は始まる?

女性を褒めることから恋愛は始まる?

女性を褒める能力は、恋愛における最重要スキルのひとつです!

男性と女性では、相手を好きになる時間が違います。
ちょっとしたきっかけで、すぐに恋愛感情を抱くのが男性。
一方、女性は相手を異性として意識してから、次第に恋愛感情が高まっていきます。

男女の好きになるスピード

上記は、男性と女性の恋愛感情がどのように変化していくかを表したイメージ図です。
もちろん、人によって恋愛感情が高まるペースには違いがあります。

ですが、ここで大事なのは、女性に恋愛感情を抱かせるためには、意識させるきっかけが必要だということ。
その最もポピュラーな方法が、「女性を褒めること」です。

女性は自分を褒めてくれる男性に対して、好感や興味を持ちやすくなります。
特にその褒めてくれる内容が「女性」を意識させるほど、好感や興味は恋愛感情に発展します。
そして、自分の「女性としての魅力」をさらけ出せる男性と、関係を結ぼうとするのです。

だからこそ、恋愛において褒めることは、欠かすことができない必須スキル。
「褒め上手」は「恋愛上手」と言っても、過言ではありません

[PR]

マッチングが増えなかった場合、全額を返金いたします【オトフィー】

女性を褒めることができない理由

女性を褒められない理由

恋愛において、とても重要な褒めスキル。
ですが、残念なことに多くの男性は、女性を褒めることが上手ではありません

実は、以前の私も全く女性を褒めることができない男でした。
そのため、女性にモテないばかりか、女性と何を話せば良いかすら分かりませんでした。

それでは、なぜ多くの男性が、女性を上手に褒めることができないのでしょうか?
その理由について、解説します。

理由① 褒めることに意味や価値を感じない

そもそも、多くのモテない男性は、どうすれば女性が恋愛感情を抱くのか分かっていません。
そのため、当然のことながら「女性を褒めること」の重要性を、ほとんど理解していないのです。

人間が最も関心を持っているのは自分自身。
見方を変えると、自分にメリットが発生しないことには、ほとんど関心がありません。
そのため通常の生活では、「相手を褒める」という発想を持っていない人が大多数です。

その結果、褒めることに意味や価値を感じない思考パターンとなっているのです。

理由② 女性を褒めることに慣れていない

男性同士の関係では、よほどのことがない限り相手を褒めることがありません。
むしろ、相手のことを悪く言うことが、親しさの表現となることの方が多いでしょう。

つまり、男性にとっては相手を褒めないことの方が、標準的なコミュニケーション。
そのため、ほとんどの男性は褒めることについて、圧倒的に練習量が足りていないのです。

そんな男性が、女性に恋して急に褒めることを意識したらどうなるか?
それは全く練習をしないで、いきなり真剣勝負のリングに上がるようなもの。

不自然さが丸出しで、かえって女性に怖がられるかもしれませんね。

理由③ 女性を褒めることに恥ずかしさを感じる

男性には、「自分を強く見せたい」という本能があります。
特に女性には「強くてたくましい」と見られたいという考えがあり、ひ弱な印象を与えたくないという強い思いがあります。

ただ、ここで語られている強さとは、基本的に競争に勝つことで得られるもの。
スポーツで勝つ、勉強で勝つ、ビジネスで勝つなど、誰かとの比較で、自分が上位に立つことがイメージされています。

その価値観がベースにあると、自然と男性は褒めることに抵抗感を持つようになります。
なぜなら、相手を褒めるということは、表面上は「相手が優れている」のを認める行為。
相手を上位に立ててしまうと、相対的に自分が下になるという恐怖を抱くのです。

そもそも、人が恥ずかしいと感じる大きな理由は、「自分が何かに劣っている」と見られたくないという感情です。
常に競争する環境に身を置いている男性は、褒めることは自分の弱みを見せることと同一視してしまう。
それが、女性を褒めるのが恥ずかしいという感情につながるのです。

理由④ 褒めることにリスクを感じる

最近ではセクハラなどが大きな社会問題となり、多くの男性は女性との接し方についてとても敏感になっています。
もちろん、悪意のある女性との接し方は許されるものではありません。
ですが、女性に慣れていない男性はどういう行動が女性を不快にさせるのか、分かっていないケースが多いでしょう。

それでは、女性慣れしていない男性は、どうすれば女性との接し方トラブルを回避できるか?
もっとも安全かつ確実に回避する方法は、女性との接点を極力少なくすることです。

実際のところ、女性の考え方や感じ方を理解できる男性は、かなりの少数派。
多くの男性は、何がセーフで何がアウトかが分かりません。

自分が理解できないところでアウトになるくらいなら、誤解されるような行動をすべて排除する
その恐れがますます女性との接点をなくし、褒めることをできなくさせています。

これらの理由は、女性を褒めることができない男性に共通するものです。
しかし、これらの理由はすべて心理的なものであり、やり方次第で克服することができます。
次の章では、女性を褒めるスキルを習得するための具体的なステップをご紹介します。

女性を褒めるスキルを習得する4ステップ

女性を褒めるスキルを習得する4ステップ

女性に限らず、相手を褒めることには4つの要素があります。

  • 相手の存在や行動を認める「承認」
  • 相手の貢献を評価する「感謝」
  • 相手の優れた点や努力を評価する「称賛」
  • 相手の考えや行動を受け入れる「共感」

これらの要素は必ずしも独立しているものではなく、一つの褒めに複数の要素が含まれる場合もあります。

実は、これらの要素にはそれぞれに難易度があります。
特に褒めることに慣れていない時点で難易度の高い褒めをしてしまうとどうなるか?
相手に不審がられて、かえって心の距離が遠のくかもしれません。

そこで、ここでは「女性を褒めること」に慣れていない男性が、どのようなステップで褒めスキルを伸ばせば良いかを紹介します。

褒めの難易度に合わせてステップをつくっていますので、参考にしてください。

STEP1 事実を伝える(承認)

まず、女性慣れしていない人が、褒めに対して持つ大きな抵抗感は何か?
それは「女性に変な印象を持たれたくない」という気持ちです。

人は本能的に、プラスよりもマイナスを重視します。
嫌われるリスクを冒すくらいなら、良い印象を持たれなくても良いと思うのは自然な感情でしょう。

ですが、そのマインドを持っている限り、女性をうまく褒めることはできません。
そこで、まずは最もリスクの小さい褒め方から始めましょう。

最もリスクの小さい褒め方とは、「事実を伝えること」。
言い換えれば、自分の感情を交えない誉め言葉です。

  • 今日も元気そうだね
  • いつも笑顔だね
  • しっかりと仕事を終わらせたね

このように相手を主人公にした、中立的な表現を使ってみましょう。
このような言葉であれば、知らない人に「今日は良い天気ですね」と話すのと変わりません。

これらは中立的な表現であっても、それが笑顔や元気のようにポジティブな内容であれば、相手は誉め言葉と感じられます
また、自分の感情を入れないことで、相手からマイナス評価を受けるリスクを最小限に抑えられます。

ただし、この言葉は皮肉ととらえられるシチュエーションでは使わないこと。
そのような状況で使うと、せっかくの褒めが台無しになってしまいます。

STEP2 「すみません」をやめる(感謝)

二番目のステップは「すみません」という言葉をやめることです。
日本人にとって「すみません」は口癖のような言葉。
そのため、無意識でこの言葉を使っている人が、本当にたくさんいます。

実は、この「すみません」をある言葉に変えるだけで、自然と相手を褒められるようになります。
その言葉とは「ありがとう」です。

例えば、誰かの仕事を手伝うときに「すみませんがお願いします」と言われたらどう感じますか?
悪い印象は持たないでしょうが、それほどうれしくも感じないのではないでしょうか。

一方、これを「手伝ってくれてありがとうございます」と言われたら、どうですか?
なんだかうれしくなって、相手のためにがんばってあげようと思うでしょう。

このたった一言を変えるだけで、相手に感謝の気持ちを伝えられるようになります。
そして、感謝の気持ちとは、相手にとっては誉め言葉です。
「ありがとう」を口癖にするだけで、きっと喜んでくれる人を目にすることができます

この「ありがとう」を繰り返し使うことで、次第に褒めに対する抵抗が減っていきますよ。

STEP3 観察して言葉にする(称賛)

「ありがとう」という感情を伝えられるようになれば、もう、あなたには褒めの基礎スキルが備わっています。
基礎スキルが出来上がったところで、いよいよ積極的な行動を展開します。

第3ステップは、相手の褒めポイントを言葉にします。
ですが、ここで注意すべき点がひとつ。
それは、相手を褒める時はタイミングが重要だということです。

行動分析学では「60秒ルール」というものがあります。
これは相手に影響を与えるには、その行動の60秒以内が勝負だということ。
これを褒めに置き換えると、相手を褒めるポイントを見つけたら、60秒以内に褒めないと効果が下がってしまうことになります。

例えば、女性が髪型を変えたとき。
これも会ってすぐに褒めないと、相手の喜びが小さくなってしまいます。

ですが、褒め慣れていない人がいきなり髪型の変化に気づいたとしても、気の利いた言葉を口にするのは至難の業。
あわてて褒めようとすると、的外れな誉め言葉になってしまいます。

それを防ぐ対策が、日頃から相手のことを観察しておくこと
そして、変化があったときの言葉を事前練習しておくのです。

先ほどの髪形で言えば、事前に「あれ、髪型変えたの?その髪型も素敵だね」というフレーズを何度も練習しておきます
そして、髪型の変化に気づいたら、丸暗記したまま、そのフレーズを口にします。

これを繰り返していれば、そのうち意識しなくても誉め言葉が出るようになります。
私もこの方法で褒めを練習しましたが、効果絶大なので、ぜひ試してみてください。

STEP4 女性を全肯定する(共感)

いよいよ最後のステップは、女性の行動や考え方に共感することです。
女性があなたに何かを話してくれたら、自分の意見を交えようとせず、話をすべて肯定する。
それにより、女性は自分が受け入れられているという感覚を持ち、二人の心理的距離は急接近します。

実は、この共感する行動は、STEP3の称賛よりも精神的にはかなり楽です。
それでは、なぜこの共感がSTEP4なのか?
それは、先に称賛しておかないと、女性が心を開いてくれないからです。

つまり、このステップまでいけば、ほとんど褒めスキルを習得したようなもの。
後は、女性の話に自分の考えを押し付けたり、変な結論を出そうとしなければ良いのです。

女性が男性に求めているのは、ありのままの「女性」としての自分を受け入れてくれる存在。
4つのステップをすべてクリアできれば、きっとあなたはその近いポジションに立っているはずです。

女性を褒めることで生まれる価値

女性を褒めることで生まれる価値

ここまで女性を褒める能力を身につけるための、4つのステップを紹介しました。

実は、女性を褒めることは、女性だけでなく自分にとっても大きな価値があります。

  • コミュニケーション能力が高まり、自分の成長や向上につながる
  • 相手の喜ぶ姿を見ることで、自分自身も幸せや満足感を得られる
  • 相手との信頼感や親近感を高めることで、恋愛や人間関係を豊かにできる

このように女性を褒められるようになることで、あなた自身をアップグレードできます。
恋愛だけでなく、すべての人間関係を良好にできる。
それが、きっとあなたの自信につながり、女性にとって魅力的な男性になれるはずです。

あなたの人生を前向きにしてくれる「女性を褒める」スキル。
ぜひ、しっかりと身につけて、魅力的な女性に話しかけてみましょう。

[PR]

電話占い【ココナラ】 もう、一人で悩まないで

【アメイジングパートナーズ】TOPページへ

Twitter【トライフィール@心理学診断開発者】へ

投稿者プロフィール

トライフィール
トライフィール
パートナーと一緒に生きていくための、様々なヒントを紹介していきます。
男と女のすれ違いは、お互いの違いや特徴を理解できていないことが大きな原因。一緒に理解していければ、きっと心は近づいていきます。
そんな素敵な関係を、心理学や実体験から紹介していきます。