夫婦仲を良くするには本能を刺激しろ

夫婦仲を良くするには本能を刺激しろ!女性が求めるつながり4段階

2022年10月3日 投稿者: トライフィール

夫婦仲を良くするには本能を刺激しろ!

本能を刺激しろ

夫婦仲を良くするにはどうすれば良いか?
人生を共にするパートナーとは、末永く仲良く暮らしたいですよね。

しかし、実際には仲の良い夫婦ばかりではないのが現実です。
好きで結婚したはずなのに、いつの間にかすれ違いの関係になることもあります。

何とかして夫婦仲を修復したいと思って努力している夫婦もいるでしょう。
ですが、相手に想いが通じず、逆効果になっていることも多いのではないでしょうか。
多くの夫婦がすれ違い始めた時、相手の欲求を満たそうと何かしらの行動を起こします。

関係が悪化する夫婦には、この行動においてある共通点が存在します。
その共通点とは、求めている欲望と満たそうとしている欲望が食い違っていること。

例えば、女性は「会話する時間を持ちたい」と要望している。
ですが、男性は「家事を協力して行うこと」を頑張るというような場合です。

家事を協力することは夫婦にとって大切な行動です。
しかし、相手は本当にその行動を求めているのでしょうか?

夫婦仲を良くするには欲求を理解しよう

欲求を理解しよう

夫婦仲を良くするためにはお互いが求めているものを把握する必要があります。
そして、それに応じた取り組みをしていかなければなりません。
「そう言われても、相手が何を求めているのか分からない…」
このように感じる方も多くいることでしょう。

確かに欲求というのはあやふやにしか理解していないもので、「何して欲しい?」と聞かれて明確に答えられる人は少ないと思います。
実は相手の欲求を理解するヒントはそのあやふやさにあります。
その理由は、私たちの欲求を最も強く支配しているのは「本能」です。

本能は意識よりもはるかに多くの情報を処理します。
ある研究では、本能が処理する情報量は意識の27~30万倍くらいになるそうです。

つまり私たちの欲求は大部分が本能に占められています。
だからこそ、相手の本能を満たすことが大切です。
それによって、相手の欲求は満たされて、関係性が深まっていきます。

女性には女性の、男性には男性の本能があります。
この本能を理解すれば、女性が根本的に求めているもの、男性が根本的に求めているものを把握できます。
そして相手の本能を満たしてあげれば、夫婦仲を劇的に良くできます

女性が男性とつながる4段階を知ろう

女性が求めるもの

この記事では、主に女性の本能について解説していきます。
夫婦関係は、多くの場合、相手に恋愛感情を抱くことがスタート地点となります。
これは「子孫繁栄」という強い本能によって、私たちが行動するプログラム。

そのため夫婦関係は恋愛感情をベースとしながら、生活や子育てを共に行っていくという積み重ねによって形成されています。

女性は夫婦関係において、心理状態によって大きく4段階のつながり方があります。
それぞれのつながり方について解説していきます。

第一段階 Good Genes

Good Genesとは「良い遺伝子」という意味。
女性が子供に受け継ぎたい要素を持った遺伝子のことです。

その要素とは簡単に言うと「子孫繫栄」につながること。
女性は男性がこの「良い遺伝子」を持っているかを無意識に観察しています。
そして「良い遺伝子」を持っていると判断したら恋心を抱き、相手と肉体関係を持とうと考えます。

Good Genesによるつながりは女性の恋愛本能の深い部分を刺激します。
そのため、相手を求める欲求はとても強力になります。

女性があってからさほど時間が経っていない男性を好きになる。
そして、お金や命までも投げ出すことがあるのは「良い遺伝子」を見つけたら絶対に確保しようとする本能衝動によるものです。

この状態にある女性は、自分にどんな影響があろうと、関係を継続しようとします。
ドキドキ感に感情が支配されているため、合理的な判断ができないのです。
それほど「良い遺伝子」は女性にとって大切なものなのです。

第二段階 Good Dad

Good Dadとは「良い父親」という意味です。
子孫繫栄のためには、子供を成長させることも必要です。

女性には 自分と子供を外敵から守り、安心して暮らしていける能力を求める本能もあります。
それがGood Dad。
「良い父親」として振る舞う男性とつながろうとする状態です。

Good Dadによるつながりの場合、女性は男性を「男として好き」というよりは「人として好き」という感覚に近くなります。

夫婦の関係で恋愛感情はないけれど生活していくことには不満がない。
長い時間一緒にいても、苦痛ではないということがあります。
これはGood Dadによるつながりで満たされているという状態です。

パートナーと一緒にいて心地よさを感じるのがこのつながりです。
Good Genesに比べて、Good Dadは長期間安定した関係を築けます。
良く言われる「空気のような関係」というのは、Good Dadのつながりが強い状態と言えるでしょう。

第三段階 現状維持バイアス

現状維持バイアスとは、現状を維持することに固執する状態を言います。
一度結婚すると、その生活スタイルが女性の存在価値を決める基礎になっていきます。

特に子供が生まれると夫婦は大きな責任と役割を受け持つことになります。
そして、父親や母親としての存在価値を自分の中に見出します。
これは本能が求める役割であり、人間はその役割に充実感や存在価値を感じます。

これは考え方を変えると、この生活スタイルや役割を失ってしまうと自分の存在価値が見いだせなくなる可能性を意味しています。
男性に対して様々な不満がありつつも離婚や別居を考えるほどではないというのは、女性が今の自分の役割に存在価値を見出していて、それを捨て去るのが怖いと考えている状態です。

第四段階 損得勘定

損得勘定でのつながりは夫婦としての愛情はなく、むしろ憎悪に近い感情を抱いている状態です。
損得勘定している対象が金銭面なのか社会的地位なのかは人によって異なりますが、精神的には一緒に生活することすら苦痛になっています。

夫婦がこの状態になってしまうと、関係が崩壊するのは時間の問題です。
別居はするけど金銭面の安定を得るため離婚しなかったり、定年離婚するのもこの状態にあります。

もし夫婦関係がここまでこじれてしまうと、修復するのはほぼ不可能です。

夫婦仲を良くする上位のつながり

上位のつながり

夫婦のつながりを4段階紹介しましたが、このつながりには大きな特徴があります。
それが「上位のつながりは他を凌駕する」ということです。

よく満たされた家庭生活を送っていた女性が突然不倫して、家庭を捨てて新しい男性にのめりこむことがあります。
これは女性がGood Genesを満たされていない状態だったためです。

女性の本能は、恋愛において一点集中戦略をとります。
自分が手に入れられる可能性がある男性の中で、最も条件の良い男性を選択してそこに集中して力を注ぎこみます。

その際に、女性の本能はGood Genesを優先して選ぼうとします
その理由は、Good Genesの対象になる男性はとても少数で、そう簡単にはめぐりあえないからです。

そこで本能は女性の心にときめきを与え、理性の判断を鈍らせます。
そうなると女性は「恋は盲目」の状態に入り、長期的視点に立った考え方ができなくなってしまいます。

女性が家庭生活を妻や母としてばかり過ごしている場合、夫婦のつながりはGood Dadのつながりになっています。
そんな時、Good Genesとの関係が持てる可能性が生まれると、女性の本能は恋愛モードに切り替わります。
そして、理性で自分をコントロールできなくなるのです。

「女性にはGood Genesを求める本能がある」
男性がこの事実をしっかりと認識して、パートナーとの接し方を考えていきましょう。

夫婦だからこそ恋愛しよう!

夫婦で恋愛しよう

Good Genesとは「良い遺伝子」のことですが、正確には遺伝子そのものを意味しているわけではありません。
どれだけ女性の観察力が優れているとはいえ、男性の遺伝子構造を把握するような能力はありません。

女性が男性から感じ取っているのは、良い遺伝子を持っていると思われる見た目や振る舞いです。
つまり本当は良い遺伝子を持っていなくても、それらしく行動すれば女性の恋愛本能は魅力を感じて恋愛モードを呼び起こします。

また夫婦であるということは、一度は女性の本能はGood Genesを感じた可能性が高いでしょう。
これは全く他人の状態から恋愛モードに引き込むよりも、はるかに簡単です。

Good Genesのつながりが刺激されれば、女性は男性への愛情を高めます。
それと同時に、その男性に対して貢献したい、尽くしたいという感情も芽生えます。

だからこそ、絶対に覚えてください。
「夫婦仲を良くするには本能を刺激しろ!」

恋愛感情を呼び戻す方法とは?

恋愛感情を呼び戻そう

女性の恋愛本能を刺激する基本的な方法は、以下の通りです。
①女性を”女として愛する
②女性を”女として接する
③女性が”女として求めていること”を提供する


これらは全て、女性と恋愛する時に男性が行っていることです。
私たちの多くは、結婚すると無意識に恋愛行動をとらなくなる傾向があります。
もちろん、子供が生まれたり現実と向き合えば、恋愛時代のようにはいきません。

ですが、私たちの本能は心の底で「男として」「女として」扱われることを期待しています。
その期待に応えて愛情を与えていくことが、夫婦をGood Genesという強いつながりに持っていけます。

特に女性はGood Genesを感じる男性には一点集中する傾向があるので、夫婦仲はきっと良くなっていきます。

私は恋愛心理学から女性の恋愛本能がどういう欲求を持っているかを学び、その欲求が満たされるように行動していました。
不思議なものでそのような行動をとっていると、私自身も妻に対する愛情が強くなっていきます。

数々の失敗を繰り返しながらも夫婦仲良く暮らしていることは、本当に幸福を感じます。
まずは、自分の大切なパートナーを女性としてとらえて、相手の本能が望んでいることを万で見てください。

そして相手の恋愛本能を刺激できれば、きっとあなたとのつながりは今以上に素晴らしいものになります。
パートナーといつまでも恋をして、素敵な何十年を過ごしていきましょう!

[PR]

ダスキンの家事代行サービス

【アメイジングパートナーズ】TOPページへ

Twitter【トライフィール@心理学診断開発者】へ

投稿者プロフィール

トライフィール
トライフィール
パートナーと一緒に生きていくための、様々なヒントを紹介していきます。
男と女のすれ違いは、お互いの違いや特徴を理解できていないことが大きな原因。一緒に理解していければ、きっと心は近づいていきます。
そんな素敵な関係を、心理学や実体験から紹介していきます。