夫の許せない行動ランキング

夫の許せない行動ランキング!これが妻の限界点

2023年10月20日 投稿者: トライフィール

夫を許せなくなる妻

夫を許せなくなる妻

妻が夫を許せなくなる行動を、あなたはしていませんか?

夫婦は一生添い遂げることを誓った関係です。
ですが、その道のりは、決して穏やかなものとは限りません。

どうしても、一緒に暮らしていくと相手の悪い点が見えてしまうものです。
そのような状態が続くと、夫婦はお互いに相手への不満が高まっていきます。

特に女性は、日頃から怒りを少しずつ心の中に溜めがちです。
そんな状態の時に、二人の関係を壊す決定的な出来事があると、もう元の関係には二度と戻れなくなります

妻は夫を許せないと思っても、表面上は夫婦関係を維持する場合があります。
ですが、それは夫への仕返しを待っている状態。
もしかすると、定年後や夫が困っているときなど、ダメージが最大化するときを狙っているかもしれません

そんな事態を防ぐためにも、妻はどんな行動を絶対に許せないのか、理解していきましょう。

[PR]

ココナラ

夫を許せない本能的な理由

夫を許せない本能的な理由

人の感情とは、本能によってコントロールされています。
そのため、怒りという感情も、本能から生じるものです。
本能が何かしらの大きな危機を感じたからこそ、妻は「夫を許せない」という感情を抱きます。
つまり、「夫を許せない」という感情は、本能からの大きな拒否反応なのです。

この本能が感じる怒りは、男性と女性で大きく異なる点があります。
そのため、妻に怒りを感じさせないためには、女性の本能が何に拒否反応を示すか理解することが大切です。

そこで、ここでは妻の本能が、どのようなケースで大きな拒否反応を示すかを解説します。

①子供を守る

夫婦とは、本能的に見れば子孫を繁栄させるための協力関係です。
その関係の中で、女性の本能に課せられた最大の使命とは何か?
それは、子供を育てて子孫を繁栄させることです。

そのため、女性の本能は、子供を守ることに強い使命感を持っています。
子供の生命に脅威を及ぼす存在に、女性の本能は強烈な怒りを感じます。

当然、男性にも同様の怒りはありますが、怒りのパワーは女性ほどではありません。
その理由は、女性にとって目の前の子供は、100%自分の子供だから

一方、男性の本能にとっては、目の前の子供が100%自分の子供という確証がありません。
なぜなら、本能が形成された時代には、他の男性の子供である可能性を捨てきれなかったからです。
そのため、どうしても子供にかけるパワーは、男女で大きな開きがあります。

女性の本能にとって、子供が最も守るべき存在であることは、しっかりと認識しておきましょう。

②自分を守る

人間なら誰しも、自分の生命を守りたいと思うものです。
ただし、男性に比べると、女性の方が自分の生命や快適な環境を守ろうとする本能が強い傾向にあります。
ですが、これは女性の本能が「自分だけが生き残ろう」という利己的な意図を持っているからではありません。

人間が子孫を繁栄させるには、一定数の女性が必要です。
そのため、人間は女性だけでなく男性にも、女性を守ろうとする本能が刻まれています。

現代社会でも、何となく「女性は守るもの」という考えが根付いています。
これは、私たちの本能に刻まれた、人間が繁栄するための合理的な判断なのです。

そのため、妻は自分の生活が脅かされたり、強い精神的ストレスをうけると夫を許せなくなります。
このような防衛本能は、男性よりも強く働くことを認識しましょう。

夫の許せない行動ランキング

夫への不満ランキング

それでは、妻が絶対許せない夫の行動ランキングの発表です。
なお、このランキングはいろいろなサイトに掲載された情報を独自集計したランキングであることをご了承ください。

第5位 借金・浪費

夫の許せない行動、第5位は『借金・浪費』です。

夫婦と恋人関係で大きく異なるのが、お金のつながり。
そのため、お金がどのようなことに使われるかは、夫婦の重要課題になります。

特に女性には「子供を守る」という本能があるため、子供への出費を優先する傾向にあります。
そんな時に、夫が借金や浪費をしたらどうなるか?
もしかすると、妻の本能に「子供を守る意思がない」ととらえられるかもしれません。

そうなれば、妻にとって、夫は子孫繁栄のパートナーではなく、子供への脅威。
その結果、「夫を許せない」という感情につながる可能性があります。

夫婦にとって「お金は大事だよ~(^^♪」ということを、強く認識しておきましょう。

第4位 育児をしない

夫の許せない行動、第4位は『育児をしない』です。

出産と育児は、女性にとって生命をかけたイベントです。
実際、平安時代には10人に一人の女性が、出産で生命を落とすという記録もあります。

しかも、人間は生物学的に母親一人では子供を育てられない生き物です。
そのため、現代のワンオペ育児は、女性の本能にとって二重の緊急事態となっています。

そんな状況下、妻が心から頼れる存在は、基本的には夫ひとりです。
もし、その夫が育児に関して無関心だったらどうなるでしょうか?

自分の緊急事態に対して、手助けしてくれない夫。
おそらく、妻は子供と自分を見捨てられた気持ちになるでしょう。

そんな夫に対して「許せない」という感情を抱くのは、当然なこととも言えます。
良い夫婦関係を保つためにも、育児では可能な限り妻をフォローすることが大切です。

第3位 DV・モラハラ

夫の許せない行動、第3位は『DV・モラハラ』です。

DV・モラハラは、言うまでもなく人間が生きていくうえでの大きな危機です。
このような状況になれば、妻が夫を許せなくなるのは当然です。

ただ、気をつけたいのは、もし自分が加害者であったときのこと。
実は、本人がDVやモラハラをしている意識がないケースが多々あります

ある調査によると、人間が加害者意識を持つ割合は、被害者意識を持つ割合の約1/600だそうです。
これは必ずしも、加害者の600人に1人しか加害者意識を持たないという意味ではありません。
ですが、加害者の大部分は、自分が加害者だと思わない傾向にあると言えるでしょう。

例えば、いじめ問題が発覚すると、加害者側にその意識がないという場合がよくあります。
これは本人の意識だけでなく、ある意味、人間本能の問題でもあります。

そのため、自分の言動がDV・モラハラにならないようにするには、自分を客観的に見つめることが大切です。
もし、「でも」や「あの場合は仕方ない」という言い訳をしていたら、それは危険信号かもしれません。

第2位 家事をしない

夫の許せない行動、第2位は『家事をしない』です。

家事をしないことが他の行動と違うのは、その怒りが少しずつ蓄積されることです。
男性は女性が何も言わないと「大して怒っていない」と勘違いしやすいもの。
ですが、女性は何も言わない時も、怒りをマグマのように心にためています

もし、その怒りが我慢の限界を超えると、一気にその怒りを爆発させるかもしれません。
ですが、その大爆発が表面に現れたら、まだ救いがあるかも。

最悪なのは、女性が何も言わず、心の中で見切りをつけることです。
そうなってしまうと、もう関係修復が不可能になるかもしれません。
最悪の事態を向かえないよう、日頃から妻への関心を高めておきましょう。

第1位 浮気

いよいよ、夫の許せない行動、第1位の発表です。
第1位は予想通り、『浮気』です。

そもそも浮気は良いことではないですが、その恐怖心は、男女の本能で大きく異なります。
なぜなら、浮気は女性本能にとって、男性から見捨てられるという緊急事態だからです。
これは本能が形成された狩猟時代において、子供と自分が生きていけなくなることを意味していたからです。

そのため、女性は身体の浮気よりも、心の浮気を許さない傾向があります。
これは、男性の女遊びよりも、子供と自分の生活が守られないことの方が重要な問題だったからです。

これは、男性が浮気をしたときにも、覚えておくべき重要ポイントです。
そもそも浮気すること自体が問題ですが、言い訳するのなら「気の迷い」「身体だけの関係」と言い通しましょう。
「寂しかった」など心の浮気を感じるようなことを言うと、女性はますます許せなくなりますよ。

妻が夫を許せなくなる前に…

幸せなマイホーム

ここまで、夫の許せない行動ランキングを紹介しました。

夫婦仲を良くするためには、お互いの感情を理解することが大切です。
しかし、人間は男女で怒りの感じ方や表し方に違いがあります。
この違いを認識しないと、自分が気付かないうちに妻の怒りを買ってしまうかもしれません。

このような違いを無視して、自分の基準で相手の怒りを判断したり、解決しようとしたりすると、かえって関係が悪化する可能性があります。
だからこそ、妻の怒りポイントは何なのかを把握しておくことが重要です。

ランキングで紹介した行動を参考に、妻の気持ちに寄り添い夫婦関係を良くしていきましょう。

[PR]

これまで数多くの「幸せ」に寄り添って来たゼクシィが、新しいファミリーとして『ゼクシィBaby』をスタート! 信頼性の高い情報と、先輩ママのような温かさでサポート♪

【アメイジングパートナーズ】TOPページへ

Twitter【トライフィール@心理学診断開発者】へ

投稿者プロフィール

トライフィール
トライフィール
パートナーと一緒に生きていくための、様々なヒントを紹介していきます。
男と女のすれ違いは、お互いの違いや特徴を理解できていないことが大きな原因。一緒に理解していければ、きっと心は近づいていきます。
そんな素敵な関係を、心理学や実体験から紹介していきます。