ありがとうで夫婦関係は変わる!

ありがとうで夫婦関係は変わる!魔法の言葉が効果的な理由とは?

2023年8月18日 投稿者: トライフィール

「ありがとう」は、夫婦関係を劇的に良くする魔法の言葉です!

みなさんは「ありがとう」という言葉を、日常的に使っていますか?
実は「ありがとう」という言葉には、夫婦関係を長続きさせる魔法の力が隠されているのです。

この記事では「ありがとう」という魔法の言葉が、パートナーとの関係をどうやって良くしていくかを解説します。

恋愛感情は3年しか続かない?

恋愛感情は3年しか続かない?

あなたは、恋をしたときのドキドキ感を思い出せますか?
実は、あの胸の高鳴りやドキドキ感こそが、人間を恋愛行動に駆り立てる感情なのです。

人間の恋愛における好きという感情は、主にドーパミンという神経伝達物質によって引き起こされています。
そして、ドーパミンが分泌されると、人は強烈な快感を感じます。

この快感こそが、人を恋愛行動へと突き動かす原因です。
そういう意味では、人はドーパミンによって恋愛するように操られているとも言えます。

しかし、このドーパミンの分泌量は、時間とともに減少していきます。
それとともに、あれほど情熱的だった恋愛の熱も冷めてしまうのです。

よく恋が終わった時に「何であんなに好きだったのだろう?」と思うのは、時間が経つとともにドーパミンが分泌されなくなったのが原因です。
そして、ある研究によると恋愛の好きという感情は、平均して3年程度しか持続しないことがわかっています。

つまり、恋愛感情による関係の構築は、おおよそ3年しか続かないのです。
この3年という期間は、結婚生活を考えるととても短い時間です。

それでは、3年を超えてもパートナーを愛し続けることはできないのでしょうか?
もちろん、愛し続けることはできます。
しかし、そのためには、「オキシトシン」という愛情ホルモンの働きが必要です。

長期の愛情を築く「オキシトシン」

恋愛感情を呼び戻そう

恋愛の好きという感情は、時間が経つと減少してしまいます。
しかし、それは必ずしも悪いことではありません。
なぜなら、ドーパミンの過剰分泌は身体に大きな影響を与えるため、様々な問題を引き起こす可能性があるからです。

一方、ドーパミンによる愛情が減少しても、人にはその代わりとなる愛情が存在します。
それが、オキシトシンという神経伝達物質による愛情です。

オキシトシンは温かさや信頼感を高めるホルモンです。
例えば、赤ちゃんやペットに感じるような愛情を、オキシトシンは生み出します。
ドーパミンがドキドキする愛情とするなら、オキシトシンは安らぎを感じる愛情と言えるかもしれません。

オキシトシンは「愛情ホルモン」や「幸せホルモン」とも呼ばれ、親密な人とのスキンシップやコミュニケーションによって分泌されます 。
つまり、オキシトシンによる愛情を感じるには、パートナーとのつながりを強めることが大切です。

パートナーと良いコミュニケーションを築ければ、オキシトシンが長期的に分泌されて愛情が長続きしやすくなります
このオキシトシンを増やすことこそ、長期的な良い関係を築くポイントなのです。

オキシトシン的愛情を築く方法

オキシトシン的愛情を築く方法

オキシトシン的愛情を育むには、良いコミュニケーションが欠かせません。
それでは、どうすれば良いコミュニケーションを築くことができるでしょうか?
その答えの一つが、相手の存在価値を認めることです。

人は集団の中で生きる本能を持った生物です。
そのため、人は存在価値を認められると自己承認欲求が満たされ、オキシトシンなどの幸せホルモンが分泌されます。
つまり、相手の存在価値を認めてあげれば、オキシトシン的愛情を築くことができます

それでは、どうすれば相手の存在価値を認めることができるでしょうか?
その有効な方法の一つが「感謝すること」です。

感謝とは、相手が自分のために行動してくれたことをありがたく感じる気持ちです。
この感謝の気持ちは、相手にとって「自分があなたの役に立てた」ことを確認できます。
役に立つということは、見方を変えると相手に対する存在価値を示せたということ。
つまり、自分はあなたにとって存在価値があることを意味します。

また、感謝することは相手だけでなく、自分にも幸せな気持ちを与えてくれます。
人には自分が受け取った物や感情を、相手に返そうとする「返報性の原理」という心理効果が働きます 。
つまり、あなたが相手に感謝すれば、相手も無意識に感謝を返そうとするのです。

お互いが感謝の気持ちを持つことで、感謝の相互作用が生まれてパートナーとの愛情が深まっていきます。

ありがとうは夫婦の最も言って欲しい言葉

ありがとうは夫婦の最も言って欲しい言葉

「ありがとう」は、夫婦関係にとって非常に重要な言葉です。
なぜなら「ありがとう」は感謝の気持ちを、最も簡潔に表現できる言葉だからです。
また様々な調査でも、パートナーに行って欲しい言葉の第1位になっています。

人はパートナーから「ありがとう」を言われると、自分がパートナーの必要な存在だと実感できます。
そして、必要な存在だと感じることで自己効力感が高まり、自信ややる気が増します。
その結果、「ありがとう」を言ってくれる人は、自分の幸せにとって欠かせない人となるのです。

逆に、パートナーから「ありがとう」を言われないと、自分の存在価値を見失ったり、不満や不安を抱えたりする可能性があります。
そのため、夫婦関係を良好に保つためには「ありがとう」の言葉を日常的に伝えることが大切です。

ありがとうと夫婦の潜在意識

脳のコントロール

「ありがとう」は夫婦の潜在意識にも大きな影響を与えます。

人は同じ言葉を耳にすると、その言葉から生じる感情が潜在意識に刷り込まれます。
この効果は「ありがとう」についても、同様です。

何度もパートナーから「ありがとう」と言われると、潜在意識に「パートナーは自分の価値を認めてくれる存在」という認識が、少しずつ積み重なっていきます。
この認識が一定レベル以上積みあがると、本人が意識しなくてもパートナーは自分を認めてくれる欠かせない存在だと認識するようになります。
実は、この認識は「ありがとう」を言った本人にも働きます

潜在意識は顕在意識とは異なり、主語を認識することができません
例えば、あなたが他の人が怒られている場面に立ち会ったとします。
そのとき自分は関係なくても、なぜか怒られているような気持ちになりませんか?

これは、潜在意識が主語を認識できないために起こる効果です。
これと同様の効果が、感謝の言葉でも起こります。

「ありがとう」の言葉が聞こえると、潜在意識は自分のことと認識します。
そして、自分の心にも感謝された気持ちが芽生えます。
その結果として、相手が自分にとって欠かせない存在となっていくのです。

つまり、自ら「ありがとう」の言葉を伝えれば、夫婦の絆はさらに深まっていきます。

ありがとうで夫婦関係を良くしていこう

本能を刺激しろ

ここまで、「ありがとう」という魔法の言葉を解説しました。

オキシトシンの安らぎを感じる愛情は、夫婦関係を良くするにはとても重要です。
もし、オキシトシン的愛情を育むことができれば、パートナーとの関係を長期間にわたって深めていくことができます。

だからこそ、感謝の気持ちを伝える「ありがとう」は魔法の言葉なのです。
しかも、「ありがとう」は相手のためだけでなく、自分のためにも言うべき言葉です。

パートナーとの良い関係を続けるためにも、照れずに「ありがとう」と伝えてみましょう。

【アメイジングパートナーズ】TOPページへ

Twitter【トライフィール@心理学診断開発者】へ

投稿者プロフィール

トライフィール
トライフィール
パートナーと一緒に生きていくための、様々なヒントを紹介していきます。
男と女のすれ違いは、お互いの違いや特徴を理解できていないことが大きな原因。一緒に理解していければ、きっと心は近づいていきます。
そんな素敵な関係を、心理学や実体験から紹介していきます。