夫の無駄遣いランキングTOP5

夫の無駄遣いランキングTOP5!妻が納得いかない浪費とは?

2023年7月26日 投稿者: トライフィール

夫の無駄遣いに納得いかない妻たち

夫の無駄遣いに納得いかない妻

あなたが許せない「夫の無駄遣い」は何ですか?

夫婦にとってお互いの金銭感覚が合うかどうかは、とても重要な問題です。
ですが、夫婦の間で金銭感覚が合わないと、喧嘩の原因になったり、信頼関係が崩れたりすることがあります。
なかでも、妻たちが納得いかないのは、無駄遣いにしか見えない出費です。

多くの妻たちは家計や将来のために、毎日、貯金や節約を心がけています。
その一方で、夫は節約を気にしないで支出している。
そうすると、多くの妻たちはどうしても無駄遣いに思えて不満や疑問を抱いています。

しかし、それらの支出の中には、必ずしも無駄とは言えないものもあります。
また、本能的な男女における役割の違いによっても、解釈が大きく分かれるところです。

この記事ではそんな妻たちが納得いかない夫の無駄遣いをランキング形式で紹介します。
そして、夫がなぜその出費をするのか、その心理について解説します。

お互いの金銭感覚にどのような違いがあるのか?
その違いを理解できれば、夫婦の間で家計改善のヒントを見つけられるはずです。
夫婦間の理解を深め、共通の目標に向けて進んでいくためにも、無駄遣いについて考えてみましょう。

[PR]

下取り0円の車も高価買取いたします!

夫の無駄遣いランキング

夫への不満ランキング

それでは、夫の無駄遣いランキングの発表です。
なお、このランキングはいろいろなサイトに掲載された情報を独自集計したランキングであることをご了承ください。

第5位 『食事などの奢り』

食事などの奢り

ランキングの第5位は、『食事などの奢り』です。

妻の意見としては、「見栄を張って奢る意味が理解できない」「家計に余裕がないのに、なぜ他の人の分まで負担するの?」という意見がありました。

確かに、日頃、コツコツと節約している妻にとっては、この出費はとても大きな痛手でしょう。
しかし、このような飲食の奢りが、仕事に大きく影響しているのも事実です。

そもそも男性の本能にとって、仕事とは狩猟が基本スタイルとなっています。
狩猟において、「役割の明確化」と「信頼の確保」はとても重要な要素でした。

そこで、男性の本能は指示を出す人、実行する人などの役割分担を明確にする必要がありました。
また、役割を分担するということは、その役割を相手に任せることになります。
そのため、信頼できなければ、その役割を任せるわけにはいきません。

このような本能のため、男性は狩りが始まる前に役割と信頼関係を、コミュニケーションを通じて確認する習性があるのです。

実際、私の経験でしかありませんが、全く奢ろうとしない仕事のできる人を経験したことがありません。
もちろん奢る金額によっては、許容範囲を超えることがあるでしょう。
ですが、あまり厳しく追及すると夫が仕事で成功する可能性を摘んでしまうかもしれません。

そこは夫婦で話し合い、奢りの重要性を考慮して、バランスを考えていきましょう。

第4位 『趣味』

趣味のゴルフ

ランキング第4位は、『趣味』です。

男性の趣味、特にこだわりや収集癖は、女性には理解できな部分が多いかもしれません。
実は、男性が趣味にこだわるのも、狩猟生活の名残と言われています。

狩猟時代において、良い道具を持つことは狩りの成果に直結する要素。
そのため、男性は狩りの道具にこだわったり、いろいろ集めていた。
そこから、ひとつの分野や物事に深くこだわる習性ができ、その習性が趣味につながっていると言われています。

実は男性にとって、趣味は男性の生きがいや存在意義につながるケースが多々あります。
元々、生物学的には恋愛において、男性は女性に選ばれる側です。
特に、狩猟時代は一夫多妻制が当たり前の時代。
どんな分野であれ、目立たない男性は女性から選ばれるチャンスがなかったのです。

そこで男性の本能は、何でも良いので女性に他の男性と違う存在だとアピールします。
その一つの方向性に、趣味が存在しています。

そのため男性の趣味は、本人の存在意義と一体になっている場合があります
趣味の世界で自分を差別化できないと、生物学的には価値がないと考えてしまう危険性があります。

もちろん、家計を考えれば上限値を決めることは大切です。
しかし、頭ごなしに否定するのではなく、相手の趣味を理解しようとする姿勢も重要です。

お互いにバランスを取りながら、価値観や趣味を受け入れる。
そうすれば、夫婦の関係はより円満に進んでいくでしょう

第3位 『スマホ課金』

スマホ課金

ランキング第3位は『スマホ課金』です。

スマホ課金にハマっている夫は、問題が深刻かもしれません。
実は、スマホ課金は人間の射幸心をあおるように、計算された仕組みでつくられています。

どの程度の確率でレアにすれば、当たった時の興奮が大きくなるのか。
また、レアなアイテムをゲットすればどの程度周りから注目されるかも計算されて、ガチャは設定されてるのです。

そのため、一旦コントロールが効かなくなると、本人ではどうしようもなくなる可能性があります。
あまりにお金を使いすぎてしまい、家計を圧迫したり、借金を重ねるかもしれません。

もし夫が、多額の課金をしていたり、自分でコントロールできない状況に陥っているようであれば、専門家に相談することをおすすめします。
この場合、夫が依存症になっている可能性があります
そうなると、夫婦二人で対応するのは、あまりにも難しい状態かもしれません。

自己管理ができる範囲内でのスマホ課金を楽しむ。
これが自分自身や家庭を守るためにも、常に注意するガイドラインです。

第2位 『ギャンブル』

ギャンブルで散財

ランキング第2位は『ギャンブル』です。

ギャンブルは男性の闘争本能を、強く刺激する行為です。
男性はギャンブルをしている時、最高レベルのドーパミンが放出されると言われています。
このドーパミンの放出量は、女性が恋愛で感じるレベルと同等で、普通の生活で感じられる最大の快楽をもたらすと考えられています。

そのため、ギャンブルにハマってしまった男性は、自分で行動をコントロールできません。
他では味わえない強烈な快楽を求めて、人生を投げ出してでもギャンブルを求めます。
このような状況では、理性や感情で彼らを引き戻すことはほぼ不可能と言えるでしょう。

また、ギャンブルは「勝てば取り返せる」という心理が働きやすい傾向にあります。
そのため、多額の出費につながり、家族や自身の経済状況などに深刻な影響を及ぼします。

そのため、夫がギャンブルにハマっている場合は、専門家に相談することをおすすめします。
ギャンブル依存症になってしまうと、本人でコントロールするのは無理だと考えるべきです。

いち早く専門家のサポートを受けて、事態改善を目指していきましょう。

第1位 『電気・水道』

つけっぱなし

さて、いよいよ注目のランキング第1位です。
第1位は意外にも、『電気のつけっぱなしや水道の出しっぱなし』です。

これらを注意された経験は、男性なら思い当たるのではないでしょうか。
女性には、こういう夫のだらしなさが目についているようです。

確かに、つけっぱなしや出しっぱなしは何のプラスも生みません。
しかし、男性と女性では思考の優先順位に違いがあるのも確かです。

女性の本能は守り重視のため、詳細を優先的に考える傾向があります。
一方、男性の本能は攻め重視のため、詳細よりも大局を先に考える傾向があります。

そのため、男性は細かい作業や詳細を後回しにしてしまいがちです。
ですが、女性は大局よりも詳細を優先しすぎる点では、どちらも一長一短と言えるでしょう。

男性の考えでは電気や水道を気にしても、そこで節約できる金額はそれほど大きくない。
そのため、細かいところに気を配るよりも、もっと大きな部分を節約しようと考えます。
ですから、あまりうるさく言いすぎると、夫婦喧嘩に発展するかもしれません。

お互いに本能的な役割の違いがあると考え、責めるのではなく歩み寄る話し合いをしていきましょう。

無駄遣い意識から分かる妻の金銭感覚

妻の金銭感覚

今回、夫の無駄遣いと考える項目を集計していると、それぞれの妻がどのような金銭感覚を持っているかが分かるようになりました。
特に、夫への投資に対する考え方は分かりやすかったです。

現代は終身雇用から、個人の能力によって収入に大きな差がつく時代へ移行しています。
これまでのように大企業に就職したら、安定した収入が保証される時代ではありません。

収入を増やしていくためには、夫を含めた自分たちへの投資を行う必要があります。
節約は目先のお金確保には有効ですが、それだけでは収入の伸びは期待できません。

会社も個人も成長するためには投資が必要です。
もし、妻が家計を預かっているのであれば、いかに投資して収入を増やせるかが試される時代と言えます。

しかし、これは一概に無駄遣いを許容するということではありません。
妻の金銭感覚には家計のバランスや将来の安定を考えることも求められます。
必要な投資を行いながらも、無駄遣いを抑えることも重要です。

妻が持つ無駄遣い意識は、夫婦の家計管理においてとても重要な要素です。
その上でバランスを考えながら収入を増やす投資を行うことが、家計の健全な成長へとつながるでしょう。

夫の無駄遣いを見極めよう

夫の無駄遣いを見極めよう

ここまで、夫の無駄遣いランキングについて解説しました。

一見、無駄遣いに見える夫の支出でも、投資ややる気につながる浪費も存在します。
男女関係なく、誰だって頑張ったご褒美がなければモチベーションを維持することは難しいものです。

たとえ妻には無駄遣いに見える支出でも、夫にとっては投資やモチベーションの維持につながるかもしれません。
そのためにも、男女の考え方の違いを理解し、家計管理において協力し合う姿勢が大切です。

夫の支出は投資なのか、無駄遣いなのか。
それを見極めるためにも、まず夫の目標や将来のビジョンを共有しましょう。

投資と無駄遣いの境界線は主観的なものです。
だからこそ、お互いの意見や視点を尊重し、家計のバランスを取る必要があります。
夫の無駄遣いは減らしながら、成長への投資ややる気を維持する支出には配慮する。
そうすることで、お互いの価値観を大切にして、家計の健全化を目指しましょう。

【アメイジングパートナーズ】TOPページへ

Twitter【トライフィール@心理学診断開発者】へ

投稿者プロフィール

トライフィール
トライフィール
パートナーと一緒に生きていくための、様々なヒントを紹介していきます。
男と女のすれ違いは、お互いの違いや特徴を理解できていないことが大きな原因。一緒に理解していければ、きっと心は近づいていきます。
そんな素敵な関係を、心理学や実体験から紹介していきます。