借金は時間の売り買い

借金は時間の売り買い?借金で後悔しないポイントを解説

2023年4月26日 投稿者: トライフィール

借金とは時間の売買?

時間の取引

借金とは時間の売買だと知っていましたか?

みなさんは借金をした経験がありますか?
おそらく、何の借金もしたことがない人は、本当に数えるくらいしかいないと思います。

そんな私たちの生活に密着している借金。
ですが、借金で私たちが取引しているものの本質を知っていますか?

「そんなのお金の取引でしょう。」というのは、とても正しい意見です。
ですが、それだけでは借金の本質は見えてきません。

実は、借金の本質は「時間の売買」であると言えます。
そのため借金をするときは、自分は時間を取引しているという意識がとても大切です。

例えば、スーパーでキャベツを買おうとします。
そのキャベツの価格が、1玉200円でした。
普段買い慣れている人であれば、この価格について「高い」「安い」と判断できます。
しかし、キャベツの相場を知らない人は、その判断すらできません。

これを借金の事例に当てはめてみます。
自分が時間を売買していると認識していないのは、何を買おうとしているのかが分かっていない状態です。
そんな状態で、価格が高いのか安いのかなど判断できるはずがありません。

そこでこの記事では、借金と時間の関係とともに、自分にとってプラスに働く借金の方法について解説します。

[PR]

お名前.com

時間の売買とは?

時間の取引とは

時間の売買とは、時間を商品として売り買いするということです。

みなさんもご存じの通り、時間とは人にとって有限の財産です。
誰にとっても1日は24時間であり、一度過ぎ去った時間を取り戻すことはできません。

しかし、その限られた時間をどのように使うかは、人によって千差万別です。
時間は使い方次第で浪費することもできるし、未来に投資することもできます

実際のところ、私たちは日常的に時間の売買を行っています。
例えば、アルバイトでは、私たちは時給いくらで働いています。
これは労働時間を雇用主に売ることで、対価としてアルバイト代をもらっているという取引です。

実は、時間の取引には一つ大きな問題点があります。
それは多くの人が、自分の時間価値をうまく設定できないことです。

例えば、あなたは自分の1時間にどのような価値をつけられますか?

  • 働くことで得られる報酬
  • 家族や友人と過ごす時間
  • 学びや将来のために使う時間

多様な時間の使い方に対して、そこで得られる報酬と満足感とのバランスをどのように考えるか。
また、時間の売買において、売り手と買い手のバランスがどうなっているか。
この価値設定を上手に行わないと、安く時間を売ったり、高く時間を買ってしまう事態が起きてしまいます

時間の売買は、現代社会において欠かすことができません。
だからこそ、自分の時間価値は、自分自身で考えることがとても重要になっています。

借金と時間の関係

借金と時間の関係

借金と時間の関係とは、未来の労働時間を差し出すことで、お金を借りるという契約です。
つまり、借金をすることは、自分の未来を拘束することになります。

そのため、借金をしている間は、自分の時間や生活に制限が加わります。
返済をしている時に予定外の事態が起きても、借金前と同じような対応はできません。
なぜなら、自分が差し出せる未来の時間には限りがあるからです。

だからこそ、借金をする際には、借り入れたお金の返済計画を立てることが大切です。
そのためには、自分の未来時間価値を慎重に見極めなくてはなりません。
自分の未来時間価値を高く見積もりすぎると返済できないような高額を借りたり、「何とかなるだろう」と安易な借金をしてしまいます。

繰り返しになりますが、私たちにとって時間は「有限資産」です。
お金のように明確な数字では把握できませんが、時間が急に増えたりしません。
だからこそ、借金するときは、現在と未来の時間価値ををどうやって使っていくか考えることが大切です。

時間を買うか?時間を売るか?

クルマの楽しみを先取り

基本的に借金は、未来の時間価値を売却するという取引関係です。
しかし、借りたお金の使い方によっては、未来の時間を買うことができます

例えば、企業が新規事業のために、銀行などから借り入れするケース。
仮に新規事業に必要な資金を、現在の事業から発生する利益で賄おうとします。
そうすると、企業は資金が貯まるまでの期間は新規事業を手掛けることができなくなり、未来の利益を失う可能性が生じます。

この場合、企業は以下のような判断を行います。

  • 借金することによって失う未来価値はいくらか?
  • 新規事業の成功によって得られる未来価値はいくらか?
  • 新規事業が成功する確率はどのくらいか?

これらを総合的に考えて、未来価値の方が高いと判断できれば借金をします。

このような考え方は、個人の生活でも同様です。

  • 家や車をローンで購入し心理的満足感を先延ばししない
  • 海外旅行などで新しい経験をして見聞を広げる
  • 自己啓発することで成長を図る

このような借金であれば、未来の時間を買うことになります。
ただし、企業のケースと同様に、借金は自分の未来価値を先に支払っていることに変わりはありません。
時間の未来価値を現在価値よりも高められるかは、あなたの考え方と行動次第です。

時間を買う借金のすすめ

時間を買う借金

借金という言葉には、多くの人が否定的なイメージを持っているかもしれません。
しかし、時間を買うための借金であれば、あなたは価値ある未来を手に入れることができます。

個人の持つ時間は有限であり、増えることはありません。
ですが、時間当たりの価値は、本人の行動次第で大きくアップさせられます

ここでの価値とは、決して労働単価だけではありません。
あなたの心の満足度や成長も、価値の中に含まれます。

ただし、注意すべきことは、現在ではなく未来に視点を置くこと
目先の価値ばかり求めてしまうと、あなたの未来に大きな負債を残してしまいます。

また、借金をする際には、利率についてもしっかりと調べてください。
利率が高いところから借り入れすることは、自分の未来を安く売り払うことになってしまいます。
できるだけ多くの金融機関を検討し、利率の低い有利な条件で借りるようにしましょう。

時間を買うための借金は、自分自身の成長や充実感を得るために有益な方法の1つです。
そして、借金をする際には自分自身価値をしっかりと考え、自分にとって有益な目的に使っていきましょう。

[PR]

商談アポのセッティングだけで高収入!副業するなら「Saleshub」

【アメイジングパートナーズ】TOPページへ

X【トライフィール@心理学診断開発者】へ

投稿者プロフィール

トライフィール
トライフィール
パートナーと一緒に生きていくための、様々なヒントを紹介していきます。
男と女のすれ違いは、お互いの違いや特徴を理解できていないことが大きな原因。一緒に理解していければ、きっと心は近づいていきます。
そんな素敵な関係を、心理学や実体験から紹介していきます。