不倫にかかるお金はいくら?

不倫にかかるお金はいくら?不倫の代償について解説

2024年1月9日 投稿者: トライフィール

本能と理性の闘い

本能と理性の闘い

不倫にかかるお金がいくらか、あなたは知っていますか?

不倫は現代社会において、とてもリスクの大きい行動。
それは分かっているはずなのに、なぜか不倫してしまう人が後を絶たないのが実情です。

それではなぜ、人はそんなリスクを負ってまで、不倫してしまうのでしょうか?
その答えは、不倫は人間の本能にとって「当たり前の行動」だからです。

実は、私たちの本能が形成された原始時代において、子作りは相手を変えるのが一般的でした。
その理由は、子供の多様性を保つため。
生物が生き抜くためには、多様性を持つことが重要です。
もし、同じような遺伝子しかないと、環境変化や特定感染症に対応できなくなります。
そのため、できるだけ多様な相手と関係をもつことが、生存上、有利な方法だったのです。

しかし、現代社会では、一夫一妻制をベースとする結婚制度が取り入れられました。
これにより「多様な相手を求める本能」「社会の安定した規律を求める理性」が、私たちの中で闘いを繰り広げているのです。

この記事では、この悩ましい不倫が、私たちにどのような経済的ダメージを与えるかについて解説します。

[PR]

テレビや雑誌で話題の【ココナラ】電話占いが1分100円から

不倫にかかるお金とは

店舗ビジネスが火の車に

そもそも、不倫とは何でしょうか?
不倫とは、法律的には配偶者以外の異性と肉体関係を持つことです。
つまり、肉体関係を持たなければ、法律上、不倫とはなりません。

そして、不倫は犯罪ではありませんが、不貞行為と呼ばれる違法行為です。
そのため、違法行為にともなう賠償責任は発生します。

不倫にかかるお金とは、不倫が発覚した際に支払わなければならない慰謝料や養育費などの金銭的な負担のことです。

不倫の慰謝料は、不倫をした配偶者とその不倫相手から、精神的苦痛に対して支払われるお金。
また、不倫によって離婚に至った場合は、子供の養育費や財産分割なども発生します。

不倫は、経済的にも精神的にも大きなダメージを与える行為であることをお忘れなく。

不倫にかかるお金の相場

不倫にかかるお金の相場

実は、不倫の慰謝料に明確な基準はありません
和解の場合は、不倫した者と被害者との話し合いで決定。
裁判の場合は、極端な言い方をすれば、裁判官の判断次第です。

しかし、そうは言っても、それなりの相場というものはあります。
一般的には、夫婦関係を継続する場合で数十万円~100万円程度
不倫が原因で離婚する場合は100~300万円程度だといわれています。

また、和解の方が、裁判で決着をつけるよりも、慰謝料が安くなる傾向にあるそうです。
海外で何百億円という慰謝料が話題になることがありますが、それは大部分が財産分与によるもの。
単なる慰謝料だけなら、ものすごい高額ということは珍しいでしょう。

不倫にかかるお金の計算方法

財布

不倫の慰謝料は、裁判や和解で決まります。
その金額の計算には、以下の要素が考慮されます。

不倫の期間や頻度
不倫が長期間に及んでいたり、密会が頻繁に行われていた場合に慰謝料は高くなります。
密会の回数や日数などが、検討材料となります。

□不倫の内容や程度
不倫が肉体関係だけでなく、恋愛感情や結婚の約束などがあった場合に慰謝料は高くなります。
メールや手紙などが、検討材料となります。

□不倫の事実を伝える
不倫の事実を、不倫相手の会社や家族に伝えた場合は、状況によっては慰謝料が減額されます。
また、伝えたことで相手方に不利益が生じた場合は、逆に慰謝料を請求されることもあります。

□不倫の影響や結果
不倫によって配偶者や子供が精神疾患に至った場合や、家庭生活の崩壊につながった場合、慰謝料は高くなります。
この場合、医師やカウンセラーの診断書などが、検討材料となります。

□不倫の動機や目的
相手が既婚者であることを知りながら、不倫に至った場合は慰謝料が高くなります。
また、既婚者と知りながら家庭を壊す意図があった場合は、さらに増額されることもあります。

□不倫の態度や反省
不倫の事実を素直に認めたり、真摯な謝罪や社会的制裁をうけていた場合、慰謝料は低くなります。
逆に、不倫を否定したり、開き直りや継続した場合は、慰謝料は高くなります。

不倫の代償

不倫の代償

不倫をすると、慰謝料や養育費などのお金がかかります。
しかし、それらは不倫の代償の一部に過ぎません。
他にも、数々の代償を負う可能性があります。

その代表的な代償は離婚です。
もし、不倫が発覚したら、配偶者からの離婚を拒める可能性はとても低くなります。
基本的に離婚は相手の判断次第となり、本人はそれを受け入れるしかなくなるでしょう。

また、離婚しなかったとしても、家庭内には大きな傷跡を残してしまいます。
仮に慰謝料を支払い、不倫関係を清算したとしても、精神的な傷跡は残るものです。
離婚はしなくても、不倫をしたことは一生許さないという人も多数います。

さらに、本人が不安や罪悪感を抱え続けてしまうケースもあります。
自責の念があるからこそ、「不倫が発覚しないか」「配偶者や子どもに悪いことをしている」という苦しみを抱くかもしれません。
そして、不倫が発覚した後は、「なんでこんなことをしたのだろう」と後悔や自己嫌悪に苦しめられるでしょう。

以上のように、不倫の代償は、お金だけでなく、人生や家庭や心にも大きなダメージを与えます。

まとめ

あざとい行動がバレる

ここまで、不倫にかかるお金とその代償について解説しました。

もし、不倫が発覚した際、慰謝料の相場は数十万円~300万円程度です。
本人の経済状況にもよりますが、慰謝料自体はそれほど高くはないかもしれません。

しかし、不倫にかかるお金は、不倫の代償の一部に過ぎません。
不倫は離婚や家庭の崩壊など、関係者の人生や心にも大きなダメージを与えます。
その代償を負うということは、自分や家庭の幸せや価値を失うことでもあります。

不倫を魅力的に感じてしまうのは、私たちの本能の働きです。
そのため、感情に任せて行動したら、不倫を止めることは難しいでしょう。

だからこそ、自分が不倫しそうになったら、理性で対抗することが大切です。
不倫によって自分がどのような代償を負うのか、冷静に考えてみましょう。

[PR]

パーソナル診断で自分に合う、お洒落な観葉植物を【AND PLANTS】

【アメイジングパートナーズ】TOPページへ

Twitter【トライフィール@心理学診断開発者】へ

投稿者プロフィール

トライフィール
トライフィール
パートナーと一緒に生きていくための、様々なヒントを紹介していきます。
男と女のすれ違いは、お互いの違いや特徴を理解できていないことが大きな原因。一緒に理解していければ、きっと心は近づいていきます。
そんな素敵な関係を、心理学や実体験から紹介していきます。